G-5CS データエントリートータルソリューションポータル

G-5CS 健保データ検索システム

医療費の負担・給付の処理、健康づくりやレクリエーションの企画・保養所や体育施設の運営・健康相談や予防・指導などなど……健保組合が「やらなくてはならないこと」 たくさんあります。では「やらなくていいこと」とは何でしょうか?
1枚の紙の原票をイメージ化することにで組合内共有の情報とし、情報処理専門の部門で登録処理を行う。システム化しフローを整理することで、自ずと「やらなくていいこと」が見えてきませんか?

健保データ検索システムの特徴

キー入力で原票の検索ができます
キー項目による検索でイメージ原票の検索ができます。
不備や問い合わせの対応の効率が大幅にアップします。
複数のパソコンから原票の情報が確認できます
イメージを分割し意味を持たせないため、伝送時のセキュリティ向上につながります。
ボタン1つで必要な数字が把握できます
原票がデータ化されているので、データ別・行程別などのサマリーが集計表として出力されます。
保管スペースは不要です
原票イメージでデジタル管理できるので、紙原票のファイリングや保管スペースをとりません。
保管する為の仕分けやインデックス作成などの作業コストも削減できます。
外部委託を容易にします
原票イメージに暗号化などのセキュリティツールを施すことで、紙の原票を外部に持ち出すことなく入力業務を外部委託することができます。
既存の処理システム・レセプトシステムなどのインターフェースも可能です。

ハードウェア構成&動作環境

推奨ハード機器
イメージデータ格納サーバ HP Proliant MLシリーズ
スキャナー Kodak イノベーションスキャナーi200シリーズ 以上
コントロールPC 最低スペック 512MB 以上
推奨スペック
イメージサーバ CPU Intel Pentium3 800MHZ 以上
メモリ 1024MB 以上
HDD 850MB 以上
OS Windows Server 2003 SP1 以上
クライアント CPU Intel Pentium3 800MHZ 以上
メモリ 256MB 以上
HDD 850MB 以上
OS Windows 2000 Professional / Windows XP Professional

▲このページのトップへ