沿革

西暦 当社の歩み
1967
  • 株式会社電算創立
  • 情報処理サービス開始
1972
  • 伊藤忠データシステム(CDS)株式会社創立
  • INFOREX社製データエントリーシステム販売開始
  • 単機能としてのデータエントリーシステム
  • G-5EXエントリーシステム販売開始
  • 汎用機としてのデータエントリーシステム
    漢字入力は三角編合法・連想法に対応
1989
  • 伊藤忠テクノサイエンス株式会社と伊藤忠データシステム株式会社が合併
1997
  • G-5CSエントリーシステム販売開始
  • クライアントサーバー型のエントリーシステム
    入力専用機という概念からオープンな環境でエントリーができるシステムに進化し、郵便番号データベースや電話帳データベースとのリンク、漢字フィールドのFEP入力(カナ漢字変換)に対応するなど様々な利点を持つシステムとなる
1998
  • G-5CSイメージエントリーシステム販売開始
  • 紙原票からイメージ画像原票でエントリーできるシステムとなり、FTP送信ツールなど原票や出力媒体のデリバリが不要なエントリーシステムとなる
  • イメージカットツールリリース
  • 情報を分割して伝送エントリーすることによりセキュリティを確保した状態でのエントリーができるシステム
2002
  • CDSテクノロジー株式会社創立
  • 伊藤忠テクノサイエンス株式会社からG-5CSの営業権と株式会社電算・CTCテクノロジー株式会社から保守サービス業務を継承し、新たにデリバリーサービスを加え「ITリーディングプロバイダー」として設立
2003
  • G-5CS SOHOソリューションシステム販売開始
2006
  • ITセキュリティ便デリバリーサービス開始
2007
  • FiBridge/FileVolante 電子帳票システム販売開始
2008
  • I-RISS レセプト点検システム販売開始
2010
  • G-5CS Evolutionシステム販売開始
2011
  • Scan Image Managementシステム販売開始
2013
  • 特定信書便事業許可取得
2014
  • Data Deliveryシステム販売開始
2016
  • Image Gateシステム販売開始

▲このページのトップへ