電子帳票システムFiBridgeU帳票集中管理により内部統制強化サポートする電子帳票システム

FileVolante(ファイルボランチ)は、オープンシステムとの親和性を考慮して開発された新しい電子帳票システムです。データインターフェースとして汎用性の高いPDFファイル形式に対応。取り込んだPDFファイルを独自の形式でデータベースに格納することにより、高速なパフォーマンスや強固なセキュリティを実現しました。
可変オーバーレイ、カラー、イメージなど様々な表現で作られた帳票の取り込みを可能にしたことによって表現力豊かな帳票の電子化を実現しました。 もちろん、現在の電子帳票システムに求められてる高度なセキュリティ・運用負荷軽減のニーズにお応えすると同時に、帳票を直感的な操作で活用できる環境を提供します。

FileVolanteの導入メリット

1. コスト削減を実感!

大切な情報の一元管理はもちろん、帳票の電子化により、運用コストの削減・ペーパーレス化による環境保護の推進も実現

2. 作業の効率化が実現!

紙帳票の保管業務を無くすことにより業務の無駄を省きます。 高速検索やデータ2次加工などの機能により、さらに事務作業効率化を実現

3. 情報整理がスムーズに!

帳票の整理・管理が簡易になることによって不要帳票の撤廃がスムーズになります。情報提供速度が驚くほど向上します。

FileVolanteの機能

1. 帳票を選ぶ、見る、活用するが直感的な操作で簡単に!

  • ・帳票選択機能(階層別表示、作成日別表示、アーカイブ検索)
  • ・検索機能(個人・グループ・共通設定による複合検索など)
  • ・編集機能(必要な明細だけを抜き出した二次帳票の作成
  • ・リンク機能(他帳票や他アプリケーションとの連携)

2. 強固なセキュリティ機能!

  • ・企業の重要なデータを守るため、強固なセキュリティ機能を備えています。
  • ・帳票毎の参照帳票の制限、グループ毎の利用機能の制限
  • ・保管データの暗号化、アカウントのロックアウト機能
  • ・ヘッダ情報の印刷設定(ユーザ名などを自動印字し、置き忘れを防止)

3. 各種設計ツールとのシームレスな連携機能!

オープンシステムとのインターフェースとして、各種設計ツールから出力されるデータを「PDFファイル」としたことで様々な設計ツールとの連携が可能となりました。
従来の電子帳票では、可変オーバーレイやイメージを用いた帳票などの取り込みを可能としたことで、自由にデザインされた表現力豊かな帳票もセキュアな環境で保管、活用ができるようになりました。

オープンシステムから出力される帳票の管理・活用に特化

さまざまな帳票設計ツールと柔軟に連携

帳票設計ツールから出力されるPDFファイルを、独自のデータ形式に高速変換することでデータを軽量化し、効率的な長期保管や強固なセキュリティを実現します。また、データを取込む際に必用な設定作業も容易に行えます。

電子帳票システムFiBridgeU帳票集中管理により内部統制強化サポートする電子帳票システム

カタログ

FileVolanteについての詳細が書かれたカタログはこちらからダウンロードできます。

  • ・ FileVolante(pdf)ダウンロード

ソフトウェア構成

稼働環境

▲このページのトップへ