G-5CS データエントリートータルソリューションポータル

プライバシーマークは取得したけど、それだけで貴社のセキュリティ対策は万全ですか?
何故安全なのか、自社のセキュリティシステム等を論理的に解説できて、初めてビジネスにつながるのではないでしょうか。
実績のあるセキュリティツールをG-5CSパッケージに組み込み、データエントリー環境で必要なセキュリティ対応システムとなっています。既存の環境にモジュールを追加することにより対応可能です。

セキュリティプラットフォームの特徴

納品以外の情報を外部に出しません
高度なセキュリティで情報の持ち出し不可
あらかじめ設定された納品データ出力以外の情報持ち出しを制限します。不正アクセスには即座に警告します。
動作を見逃しません
予防・抑止力
オペレータ、スーパーバイザーの行う作業の動作を全てログ監視、履歴を残します。記録されていることで社員のモラルが向上します。
データセキュリティ対策
データ加工・暗号化・復号化
システム上での自動暗号化を含め、外部とのデータ連携でのデータ加工

基本パッケージ

オペレーション防止
ファイルのコピー・別名保存・メール添付など様々な操作を制限する機能があり、不正アクセスの際には即座に警告を送ります。
オペレーション抑止
オペレータ及びスーパーバイザーが行う作業を全て履歴に残します。
また、トレーサーオプションによって履歴の収集・分析を行うことが可能です。
データ暗号化
エントリーシステム上では、イメージデータ及びデータはすべて暗号化して運用されます。
外部とのデータ交換については、暗号化オプション等を使用して安全に受け渡しが可能になります。

オプションソフトウェア構成

トレーサーオプション
履歴を複合化してCSV出力
ファイルセーフカプセルオプション
外部環境でのファイルセキュリティを有効にする機能
リアルタイム通知オプション
ユーザー操作をリアルタイムで管理者に通知する機能
メールオプション
メール不正防止機能
エンクリプションオプション
外部とのファイル暗号化機能

▲このページのトップへ