手書き帳よむ

手書き帳票データ化サービス、手書き帳よむ(てがき・ちょーよむ)は、手書き書類や帳票の文字読取を行い、データ化するAI技術を使ったOCRサービスです。
大量の書類のデータ化により業務効率化が期待できます。
弊社エントリーシステム「G-5」と組み合わせることにより、入力業務の効率アップ、ベリファイ者への負担が大幅に軽減されます。
CDSテクノロジーは、お客様の業務課題に合わせて最適なソリューションをご提供いたします。

※本サービスのご利用には、スキャナ等の帳票類を電子化する機器およびインターネット接続環境が必要です。

特徴

WinActor その業務、RPAで自動化しよう

※1 2018年8月〜9月に3社で行ったトライアルにおける、申込書・現金通帳(手書き文字を含む20,275文字)の読取精度(正解数/全文字数)の平均
※2 トライアル前(2018年7月)とトライアル時(2018年8月〜9月)の申込書・現金通帳(対象帳票数3,900枚)の読取からシステム投入にかかる帳票1枚あたりの削減率を3社で単純平均した結果。

▲このページのトップへ